日本では武蔵野市が最初。自宅を担保にして融資を受けることができるリバースモーゲージは、アメリカ気で1960年に始まったもので、日本では1981年に武蔵野市で導入されました。現在は、いくつかの銀行などが金融商品として発売されている貸付制度です。

リバースモーゲージ.NET

大手銀行のリバースモーゲージの比較

リバースモーゲージを取り扱っている銀行で、内容を比較してみましょう。

東京スター銀行

東京近辺、大阪・京都・神戸のみ。
契約者55歳以上 配偶者50歳以上
年収120万円以上
老後資金。住宅の建替え・改築
終身融資で500万円以上1億円まで。
手数料 初年度108,000円 2年目以降12,960円
契約者死亡後6ヶ月以内に元本一括返済

みずほ銀行

東京近辺
55歳以上の夫婦か単身
相続人が確認できること
フリーと目的の2つの融資
80歳までの融資
フリーは1000万円以上2億円
目的はみずほ銀行独自の審査
担保売却にて一括返済

icon_title_point.png東京近辺に強いこの2つのリバースモーゲージ。
注目なのが、融資期間です。
80歳までとあるみずほ銀行ですが、現在は80歳で死亡する方の方が少ない超高齢化社会です。
ただ、みずほ銀行の方が融資額は大きいです。
東京スター銀行では、預金に残金が一定量あれば返済利息のサービスなどもあり特典は多いです。

武蔵野銀行

武蔵野市から始まった武蔵野銀行でもリバースモーゲージはあります。
埼玉県内
55歳以上80歳未満
年収120万円以上
一戸建てのみ
目的は自由
100万以上3000万円以内
です。
規模は小さなリバースモーゲージですが、長い事続けているため、人気です。

地方銀行でも続々リバースモーゲージを始めています。
最初は首都圏のみの対応でしたが、各地方ごとでの評価額に相当する貸付を行っています。