日本では武蔵野市が最初。自宅を担保にして融資を受けることができるリバースモーゲージは、アメリカ気で1960年に始まったもので、日本では1981年に武蔵野市で導入されました。現在は、いくつかの銀行などが金融商品として発売されている貸付制度です。

リバースモーゲージ.NET

リバースモーゲージと生活保護

民間のリバースモーゲージの条件で、年収120万円以上がほとんどです。
月に10万円程度の年金なり収入ということです。
ところが、現在は生活保護を受けている方も多く、この場合、年収120万円以上にはなることができません。

そこで、各自治体では、生活保護の原則として資産の活用があります、
本来なら、リバースモーゲージは受けられないのですが、自治体での福祉リバースモーゲージとして、一定の要件元、自治体でのリバースモーゲージの動きも多くなっています。

その土地の評価額に見合った金額になり、生活保護と組み合わせることで、安心な老後を過ごしてもらおうという取り組みです。
ただし、このリバースモーゲージは、契約者が死亡した場合は、土地や不動産を売却してしまうことが条件になります。
相続人の同意の元に行われることですが、問題を解決した上で、契約者の意向とともに行われる手続きになります。

もし、リバースモーゲージからの貸付で。生活保護費用の必要がなくなる場合もあるでしょう。
ただ、その境界線の金額の場合、福祉リバースモーゲージの場合は、そのあたりの加減もできます。
自治体内で、安心した生活を送ってもらい、自分の土地を活用して貸付を受けることが、日々の暮らしの豊かさをもたらすことができる。
生活保護の削減など、自治体にとってもメリットの大きい事業の一つです。